いじめ裁判

今日、ニュースを見ていたら、品川で起こった中1のいじめ自殺について掲載されており、なんでもいじめを苦に自殺した女の子の両親が同級生、教諭らを提訴したのだそうです。私はこれは正しかった、と思いますね~。いじめを苦に自殺をしたのであれば、それはやっぱりいじめたほうは殺人罪に近いと思うし、担任の先生もそれに気がついたり、適切な行動がとれなかったわけなので、罪は重いと思います。16日に開かれた東京地裁での第1回口頭弁論で、亡くなった生徒のお父さんは読売新聞の取材に、「いじめが生む結果の重さを認識してもらいたいと思い、提訴した」と話しているそうですが、いじめの重さを、現在いじめをしている子は受け止めることができるのではないでしょうかね。実際にいじめ行為をした男子生徒と、これに加担してキモイなどと言い触らした同級生ら、集団によるいじめが生徒を自殺に追いやったということ、そして担任は、生徒の母親から相談を受けたのに何ら対応をせず、校長もいじめを防ぐ体制づくりを怠ったということだそう。自殺をするほど追いつめられていたのを気付けなかった先生と、いじめに追いやった子供たちはみんな、責任をしっかり受け止めるべきだと思いますね…