中国らしいニュース

中国らしいニュースだなあ~と思ったのが、赤ちゃんポストの話。なんでも、中国・広東省の広州市当局は16日、今年1月に開設したばかりの中国版「赤ちゃんポスト」に6週間で260人以上の乳幼児が預けられたと発表、福祉施設で対応可能な人数を超えたとして制度の運用を一時停止したということでした。うーん、なんて中国らしいニュースなの!6週間で、260人もですよ~!日本ではありえませんよね。それにしても、中国人で預けられた子供たちは実は、お父さんお母さんといるよりも幸せな暮らしを約束されるのか、それともお父さんお母さんといたほうがましなのか… 子供を手放す親の気持ちも、ものすごくつらいと泣く泣く別れる方から、さっさと預けたいと思っている人もいそうで、なんだかな~って思いますよね。中国の大みそかには、なんと脳性麻痺の2歳の男の子が捨てられたとか。どう考えても、脳性麻痺だからでしょ?脳性麻痺だからこそ自分たちじゃ医療面で心配だから捨てたならいいけれど、お荷物として捨てていたら許せないなあ~…