月別アーカイブ: 2014年6月

ママ友の脱毛術

最近、ママ友とランチをするようになりました。確実に月1回。何でかというと、彼女が脱毛サロンに通っている間、彼女のもうすぐ1歳になる娘さんを私が2時間くらいあずかって、そのお礼としてお昼ごはんを彼女の家でごちそうしてもらうということになったから。彼女が面倒くさいときは外で食べているんですが、彼女曰く「安心して預けられる人に預けられるから、お礼として」だそうで、別に良いと言っても毎回ごちそうしてもらっています。

さて、そんな彼女は今、某脱毛サロンのキャンペーンをなんと2か所掛け持ちしているんです。一つはワキ脱毛完了コース、もう一つはVIO(好きな箇所をチョイスできるってやつ)。VIOってものすごく痛いとは言っていましたが、二人目を産む前にキレイニしておけば、妊婦になってから大変な思いをして整えなくても済むし、ジャングルにならなくて済む、なんて(笑)言ってます。

キャンペーンの脱毛って安いから、行きたくなりますよねえ。

ミュゼ脇脱毛の値段はこちら

怒りん坊ママ

我が家の自閉症君は、オープンすぎる自閉症君で、なのでお友達も普通にいるし、一見自閉症に見れないので(保育園も小学1年生の時も、我儘を言う子供だと思われていた)周りからはほとんど配慮してもらえない子なんです。そんな子ですが、カウンセラーの先生によれば、本人がかなり頑張って今のような成長を見せている、という話だったんですよね。物語に感動して涙したり、妹のお世話をしたり、ママに大好きとメールをくれたり、そういったことをするのって、まっすぐ育っている証拠なんだとか。それでもたまに、怒りすぎてしまう私… ごめんね~なんて思いながらも、なかなかねえ~、暴れたりしていると「なにしてるのっ!」「部屋は散らかさないっ!」って、普通の子供に接するように怒ってしまうんですよねえ。今度からは、そういうところをママは直すべきかなあなんて、今マックで一人お茶しながら思っています。こうやって子供と1時間でも離れると、冷静になれるんですけれどねえ。

ドラッグが怖いワケ

ロサンゼルスで16日、ラップ歌手のアンドレ・ジョンソンさんが自分の性器を切り落とし
、集合住宅の2階から飛び降りたそう!死んだのかと思ったけれど、生きているらしいです。何で切ったんだ!?浮気を責められたのか?疑われたのか??それともやっぱりドラッグで、おちんちんに虫がたくさんついている幻想でも見ちゃったんですかねえ… それにしても、重症なのに一目を取り留めたらしいんですが、これから先は絶対「ちんちんを切った男」としてみんなに見られてしまうのがつらいですよね。普通に飛び降りただけならまだしも…。せっかくある意味成功していたラッパーだったのに、何でこんな落ち目になってしまったんだろう??ハリウッドって、夢もあるけれどこういう怖い部分もあるのが、また魅力的なのかもしれませんねえ。あ!これ4月のニュースだった!!CNNめ~、ややこしいんだよねえ、まったく。調べてみたら、PCPっていうドラッグでハイな状態だったんだそう。だからドラッグは怖いわ~。