月別アーカイブ: 2014年5月

専業主夫希望?!

実は私の友人は、ずっと看護師だったのですが、出産を機に赤ちゃんを預けるのが辛すぎて離れられなくなってしまい、看護師をやめました。ところが旦那さんが最近、彼女の家事がひどすぎること(冗談じゃなく片付けられない女で、お部屋がとっても汚い)と、食事が手抜きすぎること(料理が苦手)、また看護師の職なら食べていかれることを指摘し、なんと主夫になりたい宣言をしたんです。私が家に遊びに行ったときも、「いいよね、僕が主夫のほうが?」とのこと。ぶっちゃけ、あまりにもひどい部屋の状態に、「そうだね~」と言っちゃいました。彼女は娘と離れたくないので、夜勤で看護師として働けばいいじゃん、といってみたら、「それもそうだね」って言ってました。夜勤のみの看護師とかも可能なんだそうですからね。そんなわけで、彼女はこれから働く方向で、旦那さんが主夫になる方向で未来を話し合っているのだとか。赤ちゃんは来月1歳だから、まあありかな。

夜勤看護師アルバイト情報

ブリジットジョーンズの続編

最近、またブリジットジョーンズの日記を読み返そうと思っていました。そして気が付いたのが、ブリジットジョーンズって2巻しかでていないのかとおもったら、マークダーシート結婚した後のブリジットの生活も書かれている、ということ。しかも、ここからネタバレになるので読みたい方はスルーしてほしいのですが、なんとマークダーシーは死んでしまい、息子二人を女で一つで育てる未亡人になっているってことらしいです。ええ~!それは読まなくちゃ!あんなにパーフェクトな、マークダーシーが死んでしまうなんて… ブリジットなら、大丈夫だろう、なんて思いながらも、先が気になってお買い上げしちゃいました。日本語版は出ているかわかりませんが、とりあえず英語版でお買い上げ。アマゾンでやったんですが、あー、先が気になる。ブリジットジョーンズの有名な言葉に、「And yes, I will always be a little fat」って言葉があります。女の子はこのくらい彼氏に言いたいですよね!

ADHDの上級生

実はうちの母親は、保育士をしていたのですが、数年前にADHDの子供が二人いたのだそうです。そしてこのADHDの子たちが、本当にひどかったので、これから先どうなるのか… と言っていたのを思い出しました。というのも、息子の学校の上級生に似たような感じのADHDっぽい男の子がいるからなんですが… その男の子たちは、お母さんのことは大好きだったんだそうで、毎日保育園に預けられるとき、玄関で抱擁をしていたらしいんですね。それを母は「おかしい、年長になってまで」なんて言っていましたが、たぶんお母さんはADHDだから特に意識してやっていたんだと思います。何しろその男の子たちが、先生に「ビルの高いところから突き落として殺してやろうか!?」とかいい、同じクラスの子も急に押したり、赤ちゃんを押し倒して泣かせたり、とひどい荒れようだったそう。それで、最終的には担任の先生にパンチャー(穴をあける道具)を投げつけ、なんとその先生は左目の視力がほとんどなくなり、保険などで生活は保障されたのですが、治ってももう怖くて保育士はできないと、辞めてしまったそう。なのにその子のお父さんは、「なんで障害だって決めつけるんだ!」と自分の子供は障害児じゃないと言い続けていたそうです。たぶんお父さんも、同じなんじゃないのかねえ。あの子、なんとかならないものなのかな…